経営者からの声

投資先経営者のコメント

「あすかさんは、ファンドといっても最近話題のファンドとはまったく違う。私たち経営陣と同じ目線で、『どうしたら会社が良くなるか』を一緒に考えてくれ、提案も腹に落ちる。さらに我々では入手できない海外情報を持ってきてくれることもある。互いが信頼しながらも緊張感を保ち、良い関係を築いていると思う。他の機関投資家とは『別枠』で、言ってみれば昔のメインバンクに、コンサルの要素を加味したような存在。あすかさんもファンドなので、いつかは当社株を売られると思っている。でも、我々としては、ほんの少しでも良いから持ち続けてもらえたら嬉しい。あすかさんのアドバイスは本当に貴重だと思っているので。」 (耐久消費財メーカー A社社長)

「あすかさんは、当社の事業のみならず創業の精神や歴史も理解したうえで、本当に会社のためになるであろうことを考えて提案をしてくれる。こうした姿勢で、長期投資しようとしてくれる姿には胸が打たれる。目先のことだけでなく、将来の展望や長い目で見た経営の方向性について、時には真摯に苦言も呈してくれる。あすかさんのような株主の存在は貴重だ。経営をやっていると、つい損益計算書に没頭しがちで普段じっくり考えることの無い資本政策や資本効率についても、側面からよきアドバイザーになってくれている。」 (育児用品メーカー B社社長)

「あすかさんと話をしていると事業のヒントを沢山もらえる。これまでも新しい有力取引先の開拓やコスト削減への取り組みなど、事業そのものを良くするサポートをしてもらっている。あすかさんにはこれからも当社株を長く保有してもらいたいと希望しているし、株価を上げることで期待に応えていきたいと考えている。」 (ヘルスケアサービス会社 C社社長)

「あすかさんから、企業価値向上のためには中長期的なビジョンをもつことが重要だと提案を受け、あすかさんの協力のもとに中期経営計画の策定に着手し、社外に公表することができた。あすかさんには大変感謝している。中期経営計画では、あすかさんから資本効率を高める必要性を指摘されたことを反映し、ROE、ROA目標を掲げて改善に取り組んでいる。こうした当社の経営姿勢の変化は、全てあすかさんとの議論から学んだ。」 (機械ツール会社 D社専務)

「あすかさんは、我々と経営の考え方や企業の方向性について議論を行う中で目線を共有し、それを実現するために実際にサポートも行ってもらえるため、いわゆるアクティビストとは全く違う。具体的には、当社の中国展開については、最初の頃からあすかさんと一緒に動いてきた。あすかさんと一緒に中国に訪問して調査を行い、中国側の事業パートナー候補企業の発掘もあすかさんと一緒に進めた。あすかさんがいなければ、ここまで確度の高い計画はできなかったし、今のようなスピードで海外展開、新規事業展開が進んでいたかどうかも分からない。私にとっては経営企画スタッフがそばにいてくれるような安心感がある。我々にとってあすかさんは非常に重要なディスカッションパートナーだと考えている。」 (インターネット関連会社 E社副社長)

「あすかさんはいつも、我々がちょうどこれからしていかなければならないと考えていることを、提案で持ってくる。また、あすかさんは投資に際して現場を踏んでおり、我々の店をたくさん見ている。単に数字の分析だけで判断し投資しているのではない点が、他の投資家とは違っている。私は、投資家の皆様は我々のサポーターだと思っている。そして我々が良くなることで投資家の皆様に利益を得て頂く、それが正しい投資家の姿だと思っている。あすかさんと我々は正にそういう点で、あすかさんから応援してもらう関係にある。たくさんの投資家の中で、このような投資スタンス、このようなリサーチ力を持つ会社はあすか1社だけだと思っている。」 (専門店小売業 F社社長)